貴族のページ
 

シャネル J12 H0940をお買取致しましたー!シャネルのお買取も時計貴族まで!

 

買取情報2021.04.05 13:04:28

最近では車の屋根をオープンにして走るのが気持ちいい時期になりましたねーー!

これからの時期、花粉症VSオープンカーの仁義なき戦いが始まるんですねー!うーんアンブレイカブル!花粉症の皆様は今からもう薬飲んで万全な体勢にしておきましょうね!

 

J12の歴史と感想。

と言うわけで始まりました。本日のお買取ご紹介はJ12!シャネルといえばJ12くらいな感じですからねー!本当いい時計です。

シャネル j12 H0940

シャネル j12 H0940

こちらがj12!時計好きな方ならきっと見た事・聞いた事があるはず。

芸能人では中居正広さん・的場浩司さん・ISSAさんなどなど。おしゃれな方々がこぞって着けていますねー!だってかっこいいですもん!

シャネルは時計ブランドではなく、元々は女性向けのためのアパレルブランド。だからこそ時計好きの方々からは敬遠されることもあるんですが…シャネルはバッグやアクセサリーアパレル全てにおいて美しいため、そりゃあ時計だって本気出して作ればここまでカッコよくなりますよね!

2000年にJ12が産声を上げましたが、当時としては革新的な【セラミック時計】としてブームとなりました。それから20年以上たった今でも、色物としてではなく定番時計として高級時計の座に君臨しています。そして 私もこの時計を欲しい…そんな感じになります。

シャネルJ12のメリットデメリット。

 

メリット

  • 資産価値が下がりにくい
    中古だと安いので、売却の際も値崩れしにくい。
  • 傷がつきにくい
    セラミックなので傷に強いです。
  • ぱっと見で分かってもらえる
    「あーシャネルだー!」と言われたい方向け
  • 女子受けが良さそう
    飲み屋さんとかではすぐ分かってもらえそうな雰囲気です。
  • つけ心地がいい
    しっとりと肌に吸い付く感じ。他ブランドではあまり感じないつけ心地です。

 

デメリット

  1. コピーが多すぎる。服装によってはコピーに見られる
    付属品なしでお持ち込みの90%くらいはコピーです(肌感)
    例えばSUPREMEのコピーを着ている方がJ12を着けていたら、秒でコピーだなと思います。
  2. セラミックが割れる
    セラミックは傷には強いですが、衝撃にはそこまで強くありません。転んでぶつけたらアウトです。
  3. ギラギラしている
    ブラックはちょっとした鏡のような感じです。
  4. スーツにつけるとえぐい。
    普通のスーツには絶対合いません。時計に合わせたコーディネートが必要となります。
  5. バックルが慣れるまでバチーンとなる
    私はこれで買うのを諦めました。バネの蝶番のようなバックルなんですが、変なところで手を離すとバチーンとなって怖いです。

といった具合でございます。傷に強い反面衝撃には強くないので、大事に使わないとパリーンと割れてしまいます。また、コピーが本当に多い!気が狂いそうになるほどコピーが多いんですJ12。そのため服装によってはコピーに見られてしまうかも…

 

 

シャネルJ12 真贋方法。

シャネルの真贋はおきく分けて7つほど。

  • あなたが見てそれが高級時計に見えますか?
  • 数字は立体的?
  • Eのアゴはでてる?
  • クロノグラフの配置大丈夫?
  • マイナスネジ使ってる?
  • 裏蓋の刻印も綺麗?
  • バックルの刻印はちゃんとしてる?

でございます。

じゃあ一つずつ見ていきますかー!

 

  • あなたが見てそれが高級時計に見えますか?

高級時計と言うのは高級な時計。まんまなんですが、高級時計というのは数十万円から数千万円するものまで様々。

今日解説しているJ12は定価で100万円くらいするんです。そんな100万円の時計なのに、文字盤の線がフラフラしてたり…なんか汚いなー…と一般の方が見て思うことはりません。絶対にです。もし時計に詳しくない方がその【ちょっとした違和感】を感じたらそれはダメな商品なので、避けていきましょう。

 

  • 数字は立体的?

シャネル j12 H0940 インデックス

シャネル j12 H0940 インデックス5の数字を拡大して撮影したものが上記の画像です。

数字が単体のパーツになってるんですがお分かりいただけますでしょうか。。。何かで塗ったりペイントをしているわけではないんです。5のパーツを文字盤につけているんです。それで立体的な見た目となっております。

 

 

  • Eのアゴはでてる?

シャネル j12 H0940 Eの文字

シャネル j12 H0940 Eの文字

 

CHANEL のEの文字。一番下の横棒が一番長いです。上から中・短・長といった具合です。カバンとかでもそうですが、真ん中が長かったりするとアウトの可能性が高いです。

 

  • クロノグラフの配置大丈夫?

シャネル j12 H0940 文字盤

シャネル j12 H0940 文字盤

ライトが反射してしまっていますが、これを覚えてください。この組み合わせでなければ全てコピーです。ついでにカレンダーの向きにも注目!4.5のインデックスがありますが、同じ方向にカレンダーの数字が向いてますよね。縁の中心に向かって文字がある感じ。

ゼニス エルプリメロ リバイバル

ゼニス エルプリメロ リバイバル

ちょっとブランドは違うんですが、こちらは三時向きに数字が配置されてますよね!

 

 

シャネル j12 H0940 文字盤

シャネル j12 H0940 文字盤

こっちか

 

ゼニス エルプリメロ リバイバル

ゼニス エルプリメロ リバイバル

こっちという違いです。真ん中に向かってカレンダーがついていないJ12はコピーです。

 

 

  • マイナスネジ使ってる?裏蓋の刻印も綺麗?

シャネル j12 H0940 裏蓋

シャネル j12 H0940 裏蓋

高級時計でプラスネジを使っている時計はありません。基本的に水回りでプラスネジを使うと、水ハケが悪くて錆びちゃうんですよね!だからあえてマイナスネジが使われています。

あとは…刻印!綺麗ですよねー!これくらい綺麗じゃないとダメです。

 

  • バックルの刻印はちゃんとしてる?

シャネル j12 H0940 バックル刻印

シャネル j12 H0940 バックル刻印

このような感じで入っています。先ほどEの文字についてご説明致しましたが、バックルの刻印だってもちろん下の棒が一番長いんですよー!しかも彫りが深い!コピーはレーザーでパチパチパチーっと刻印を入れているので、どうしても汚くなりがち!あと、文字内の荒さも目立ちます。もし刻印に荒さが目立つなら要注意です。

 

 

以上!シャネルJ12の真贋でしたー!

シャネルはコピーが多いので、フリマサイトやオークションで購入するときには注意が必要です。その点から、買取店でもシャネル=コピーの可能性大と考えながら査定をします。シャネル以外だと…ウブロもそう!ウブロも大体コピーです笑

時計を買うとき・売るとき。これらを確認し確実に正規品と確認できるようにセルフチェックを行いましょうー!

ではではシャネルJ12のお買取お待ちしております!

 

札幌で腕時計買取は時計貴族にお任せください

時計貴族は時計好きなメンバーが集結し、2017年にオープンした北海道で唯一の時計買取専門店です。

「大事な時計をその辺のブランド買取店で見てもらいたくない…」

「時計が好きな人にしっかりと査定をお願いしたい…」

そんな気持ちにお応えできるのが当店、時計貴族でございます。

 

 

時計の修理も任せて安心時計貴族

時計貴族では店頭における電池交換・ベルトの洗浄などの簡単なサービスを始め、お預かりにて分解掃除(オーバーホール)も行っております。分解掃除を行うのは弊社提携の指定工場にて実施。CMW・時計修理一級技能士を持った筋金入りの職人がお客様の大事な腕時計をメンテナンス致します。

 

 

 

時計貴族における主な買取ブランド。

腕時計なら大体なんでもお買取が可能でございます。

現行品はもちろん、アンティークウォッチまで大歓迎!

主なブランドとしては…

セイコー・ロレックス・オメガ・タグホイヤー・ブライトリング・ウブロ・ブライトリング・パネライ・オーデマピゲ・パテックフィリップ・ヴァシュロンコンスタンタン等何でもお任せください。

 

 

ブランド品・ジュエリーもお買取実施中

長年の買取知識が豊富ですので、時計以外でも高価にてお買取が可能です。特にダイヤや宝石は鑑定書が無くてもお買取が可能。メレダイヤでも0.1ctからお値段をお付け致します。

【ブランド品の買取】

主なブランド…ヴィトン・グッチ・エルメス・シャネル・プラダ・ゴヤール・バレンシアガ・フェンディ等

【宝石の買取】

主な宝石…ダイヤモンド・ルビー・サファイア・エメラルド・オパール・翡翠・赤珊瑚等

【貴金属の買取】

主な貴金属…ネックレス・指輪・ブレスレット・ピアス・イヤリング等

と豊富で多彩なジャンルで、お客様のお品物を高価買取致します。

皆様のご来店、心よりお待ちいたしております。

0600061

札幌市中央区南1条西5丁目13番地 太陽ビルアネックス2F

時計貴族

011-596-7256

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 「買取情報」記事一覧へ戻る